06.23
Thu
こんばんは、水曜日記でございます。

夏至の翌日に常夜鍋を食べて、なんだか夜の雰囲気が強いなと思いつつ書いています。満腹です。
夏の夜って、もう字面だけでなんかいいなと思います。
幸せな季節だなー。

さて先週はバスの中からでしたが、今週はちゃんと家です。
どちらもいいですね。
ガラ空きのバスだったというのもありますが、それぞれ良さがあるなと。
こう、書くというシチュエーションのバリエーションとして。

“書く” ということに “バス” というキーワードが重なって久しぶりに思い出したのですが、私学生の頃少し変わったバイトをしてたんです。

それはマネキンさんの監視員。

マネキンと聞いて、あの洋服を着せられて木やプラスチックなどでできた、おしゃれ感のある人体模型を想像なさったらもう怪しさ満点ですよね。ふふふ。

このマネキンさんとは、スーパーなどで試食・試飲を提供する方たちのことです。
その方たちを遠くから見て接客態度をチェックしたり、その後売上を聞いてアドバイスをしたり本社に報告するのが私の仕事でした。
こうして書くと結構嫌な感じの仕事かもですね。。

ちなみにこれって、1店舗に行けばいいわけじゃないんです。
1日で10店舗とか回るんです。
携帯のある時代だったのですが、必ず公衆電話から本社に電話をするというのがルールで。
電話をかけて、指令を受けバスに乗ったり、電車に乗ったり、道を教わってスーパーを目指して、報告をしてまた次の指令を受けて。
なので大抵移動しているので、必ず本を持って行ってその1日で読むとかしていました。
カラーコーディネーターの資格を持っているのですが、ほとんどバイトの移動中に勉強した感じだったので、検定のことを思い出すと同時にバスの座席で膝の上にテキストを載せてる光景が浮かびます。

面白かったなー。突然「もし無理じゃなかったら今から帯広行けない?」なんて電話がかかってきて、ビジネスホテルに一泊して翌日酒屋さんでマネキンさんの代打をやって、豚丼だけなんとか食べて滞在時間24時間以内で帰ってくるとかもしていて。

なんとなく始めたバイトだったけど、振り返ってみても向いていたと思います。このあまり縛られない感じ。
コロナで試飲・試食自体を全然見なくなってしまったから、ちょっと不安になって調べてみたら会社ちゃんとありました。
電話番号が変わっていないのがわかって、今だに覚えてるぐらいの回数この番号見てたなとも。

社員さんたちみんな優しくて、何かの都合で営業の方とふたりでバスに乗る機会があった時に黒いビジネスバッグから箱に入ったブルボンのクッキーを出してきて一緒にバスを待ちながら、

「知らない人と突然会ってまともに話したり商品を売り込んだりする経験って、きっとこれから役に立つ気もするんですよね」
「俺、この会社入って初めてしたけどそう思う。あと慣れるだけこなすのも大事だよね」

など話しつつ食べたのを覚えています。

そんなふうに普通に話しながら、(大人でもこんな鞄に箱クッキーを隠し持ってたりするんだ。。)とカルチャーショックを受けた記憶があります。




うっかり投稿したつもりで、木曜日記に。。
うさぎとかめのような心境で、ではまた来週の水曜日に。



◇atmosphere peace公式ラインアカウント◇


M.png


メンテナンスやご相談などお気軽にご活用いただけたらと思います。

お友達登録どうぞよろしくお願いいたします。

友だち追加


web拍手 by FC2
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する