03.10
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

最近ふと気づいたことがあるのでちょっと聞いてもらえますか。

よく言われていることですが、SNSって時々疲れてきませんか?
まさに私がそうなのですがあれって心が丸見え、あるいは心が見えているかのように思えてしまうからかと思って。

発言もそうですが、挙動にもひととなりが反映しているように思えたり、逆に思われているのかもなど。
何をしてもしなくても出る、あるいは印象を与えてしまいかねないなと。

SNSが一般的になって15年ほど(Facebookのリリースが17年前、Twitterが15年前)とかですけど、心なんて見えない方がいいなと、ぼんやり思いました。

何があったというわけではないのですが、気がつくと前提が変わっていたという状況に驚いたんです。こう、自然と浸透して馴染んで、“心っぽいものが見えている気がする状況”を普通としていることに。

そもそもつぶやきって独り言の要素が多いはずのものなのに、今めっちゃインパクトを持って届きますからね。遠方からでも、まったく面識のない人のでも。笑

じんわりと共感したり、心を温めあったりみたいなのがいい距離感なのかな。
でも発言力の弱い、救われるべき状況にある人の声が届く。みたいなのはすごくフェアな構造だとも思うんですけどね。

あとこれは私の脳が、ということかもしれませんが漢字を忘れまくっているのはちょっとやばい。苦笑

ネットやスマホって便利だし、楽しいので見ちゃうし役立つこともたくさんあるのですが、すごろくで6がたくさん出て気づいたらここにいたみたいな浮遊感を感じて、ちょっと立ち帰ろう、ちゃんとスタンス確認しようという気持ちになったんです。


そんな折に年上の友人が「俺はどこにいてもアウェイでいたい」と言っていて、地に足をつけたほうが大人なのではと思っていながらそれができないタイプの私からすると目からうろこだったのですが、なるほど一貫してどこでも(リアルの様々なシチュエーションでもネット上でも)同じ印象の彼なんです。
誰とでも対等に仲良くするけどそう言われてみればどこにも属してないという。そういう一貫性って人を安心させるなと思ったんです。同時に私は“突然垣間見る、心のように見える想定外の一面”に傷ついているのかもしれないということにも気づいて。

自分がどういう印象を与えているかについて、本当のところは分かり得ないですがなるべく内側と乖離なくいたいし、それはいびつでも結局心地よく、故に美しい姿勢なのではないかと、それはネットとリアルを同時に生きる今に大事なスタンスなのではとそんなことを思いました。


距離感、立ち位置ですかね。
最近全体的に中から外から棚卸しをしているように思います。

春前か。
そういうタイミングかもですね。デトックスというか。
いいんじゃないでしょうか。



そんな水曜日記。
そして明日は3月11日。明日も朝またブログを更新しようと思っています。



今日は少し早い時間に書けました。
少し早いけど、おやすみなさい。また明日。




web拍手 by FC2
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する