03.11
Thu
おはようございます、(と書くのはもしくすると初めてかもしれない)今日はイレギュラーの木曜日記でございます。

東日本大震災から10年が経ちました。
基本的にこの日はブログを書くと決めていて、さかのぼって確認してみると1,2度は当日じゃない年もあったようですがこれからは必ずそうしようと思いました。

この10年、いろんなことがありましたね。
広島や九州、東京も集中豪雨や台風で大変な目に遭ったし、北海道の地震の時は地元にいる家族や友だちも被災して気が気じゃありませんでした。
熊本や台湾の地震、フランスなど各地でテロが起こった時も心配でした。
そして最近ではコロナもあって。

比べることじゃないんです、でも遠ざかっていく、薄まっていく気がすることもちゃんと見ようと思うんです。

少し話が逸れるのですが、震災から3年経った2014年、atmosphere peaceが始まって2年が経った時にこんな日記を書いたんです。

3年がかり。
https://atmospherepeace.jp/blog-entry-564.html


私は遠くにいただけの人で、もっと正直に言うと悼むことはできても悲しむことまではできていない人間です。
でも、あの震災によってスイッチが切り替わったんです。

それでも時の流れとたくさんの出来事によってそんな大事なことも埋もれそうになるんです。


だから3月11日は、あの日のことを振り返り、悲しみを想像し、防災についてあらためて考えるとともに、私と震災の距離がどうなっているかを見つめる日、そして最初のスイッチを確認する日にしようと思っています。


そして、今月から1年ほど停止しておりました日本赤十字社への寄付を再開しようと思います。
これまではご注文件数×50円を月末に寄付していたのですが、彫金アイテムのみの販売となりご注文件数は以前より少なくなると思われますので、ご注文件数×100円+前年寄付を停止していた一ヶ月分ずつをさかのぼって、その半分を日本国内、もう半分を海外の被災地へと寄付していこうと思います。丸一年後に、件数×100円でも格好のつく状況になっていたら素敵だなという希望も交えつつ。どうぞよろしくお願いいたします。




そして今年も、

検索はチカラになる。


どうぞよろしくお願いいたします。




web拍手 by FC2
comment 0
03.10
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

最近ふと気づいたことがあるのでちょっと聞いてもらえますか。

よく言われていることですが、SNSって時々疲れてきませんか?
まさに私がそうなのですがあれって心が丸見え、あるいは心が見えているかのように思えてしまうからかと思って。

発言もそうですが、挙動にもひととなりが反映しているように思えたり、逆に思われているのかもなど。
何をしてもしなくても出る、あるいは印象を与えてしまいかねないなと。

SNSが一般的になって15年ほど(Facebookのリリースが17年前、Twitterが15年前)とかですけど、心なんて見えない方がいいなと、ぼんやり思いました。

何があったというわけではないのですが、気がつくと前提が変わっていたという状況に驚いたんです。こう、自然と浸透して馴染んで、“心っぽいものが見えている気がする状況”を普通としていることに。

そもそもつぶやきって独り言の要素が多いはずのものなのに、今めっちゃインパクトを持って届きますからね。遠方からでも、まったく面識のない人のでも。笑

じんわりと共感したり、心を温めあったりみたいなのがいい距離感なのかな。
でも発言力の弱い、救われるべき状況にある人の声が届く。みたいなのはすごくフェアな構造だとも思うんですけどね。

あとこれは私の脳が、ということかもしれませんが漢字を忘れまくっているのはちょっとやばい。苦笑

ネットやスマホって便利だし、楽しいので見ちゃうし役立つこともたくさんあるのですが、すごろくで6がたくさん出て気づいたらここにいたみたいな浮遊感を感じて、ちょっと立ち帰ろう、ちゃんとスタンス確認しようという気持ちになったんです。


そんな折に年上の友人が「俺はどこにいてもアウェイでいたい」と言っていて、地に足をつけたほうが大人なのではと思っていながらそれができないタイプの私からすると目からうろこだったのですが、なるほど一貫してどこでも(リアルの様々なシチュエーションでもネット上でも)同じ印象の彼なんです。
誰とでも対等に仲良くするけどそう言われてみればどこにも属してないという。そういう一貫性って人を安心させるなと思ったんです。同時に私は“突然垣間見る、心のように見える想定外の一面”に傷ついているのかもしれないということにも気づいて。

自分がどういう印象を与えているかについて、本当のところは分かり得ないですがなるべく内側と乖離なくいたいし、それはいびつでも結局心地よく、故に美しい姿勢なのではないかと、それはネットとリアルを同時に生きる今に大事なスタンスなのではとそんなことを思いました。


距離感、立ち位置ですかね。
最近全体的に中から外から棚卸しをしているように思います。

春前か。
そういうタイミングかもですね。デトックスというか。
いいんじゃないでしょうか。



そんな水曜日記。
そして明日は3月11日。明日も朝またブログを更新しようと思っています。



今日は少し早い時間に書けました。
少し早いけど、おやすみなさい。また明日。




web拍手 by FC2
comment 0
03.04
Thu
こんばんは、水曜日記でございます。

先日雨が降って。
そういえばかなり久しぶりな気がして、やっぱり雨好きだなと思いました。
出かける用事があったので、出先では寒いわ、濡れるわで結構悲しい感じになっていたのですが。でもいいなって。

止まる感じがするからですかね。ふと落ち着いてしまうのが心地いいのかも。
あと、北海道では雨は春のしらせというのもあるのかも。

春か、そして夏が来るのですね。
いつもこれぐらいの時期は本当に夏が来るのかと揺らぐんですよね。毎年ちゃんと来るんですけど、来ないような気がして。

そして今日(昨日)はひな祭り。
子供の頃友達の持っている7段飾りをいいなと思っていたのですが、今思うと(というかその当時も)あの赤い階段を登ってみたいだけだったように思います。
いい階段だと思いませんか。緊張感のあるジャングルジムというか、階段として妙な大きさかつ真紅の布が敷かれて。
登るようにできていないはずなので、永遠に叶わない望みなのですが未だに見るとちょっとむらっとするんです。
あほですね。

ちなみに、うちのひな人形かわいいんです。実家にあるんですけどしもぶくれで座った状態で3頭身無いぐらいのスタイルで。小さなガラスケースに一応全員収まっていて。

顔にかけた小さな和紙をそっとはずして、並べていくのが好きでした。
オルゴールと一緒に行灯の明かりがお祭りの水風船みたいなテイストの水玉模様をくるくる映し出すんです。

子供ながらに、このコンパクトさにすべて以上を閉じ込めている凄さを感じていて、あの頃のわたしは赤い階段には憧れていたけど、うちのひな人形は完璧だと思っているということも両立していて。大人になって振り返ってもその距離感いいなと思うんです。
子供でしたけど、今思うと結構ちゃんと考えていたし、普通に人間ですよね。侮れないし、なんなら大して変わってないかも。
ひな祭り前あたりに帰省することって全然ないので、ずっと見ていないのですが出してあげたいな。
またまるで違う季節に帰って、忘れてしまいそうですが。
というか、さすがにそろそろ帰りたいですね。そもそも。



そうそう、最近の私は少しわがままで、素敵なものに少しイライラしたり。イライラじゃないですね、(これは欲しくない)と思う部分を見つけてしまいがちで。
そんな自分をわがままで、意地悪。と思ったんですけど、この要らないものをたくさん集めていったら逆説的に理想が形として立ち上がってくるだろうなと思って、そう思ってからイライラしながらわくわくしています。
どんな景色になるんでしょうね。構造としては版画のようでとても楽しみです。

随分と大人になった日のひな祭り。
ウイスキーのお湯割り。
もっとかわいいものを飲めばよかった。笑


来年の私に託します。



今日もまた日をまたいでしまいました。
入り口は水曜日、出口は木曜日の日記。

また来週の夜に。




web拍手 by FC2
comment 0
02.25
Thu
こんばんは、水曜日記でございます。

ひゅー、只今23:54
ちょっぴり久しぶり?の木曜日記でございます。

あきらめました。(早い)
ゆるゆるいきます。


少し前の同じぐらいの時間に友達から電話がかかってきたんです。
仕事をしながら話していて、子供の塾の話になった経緯で私が中学生だった頃の話になって。

私、習い事って大人になるまでひとつもしたことなくて。塾にも行ったことがなくて。
中学生の間じゅう、行くか行かないかで迷い続けて終わったといってもいいかもしれません。

そのことを知ってる彼女になぜと聞かれて、言ったんです。
「塾って、私が解っていることもやるじゃん?それが嫌だったんだよね。」

本当にそうだったからそう言ったのですが、それをあらためて自分の耳で聞いて、もうあの時点で将来が決まっていたんじゃないかとうわっと思いました。

そういえば私、みんなが行くから行く、みたいなことがまるでないうえにどうやって心地よく外れていられるかを考えて動くような子供だったなと。
あと銀色夏生が好きだったのですが、同時に彼女の詩を書いて自由に生きている人生が羨ましすぎて軽く呪っていたような記憶も。すごい、とばっちりですよね。銀色夏生。

私、きっと1人で仕事するのが性に合っているって自分でわかってたんだろうな。そして当時はそれはとても難しいことだってこともわかってて。

ちゃんと普通のルートも歩んでみたんですけど、結局こっちにきてしまいました。

でも無理とか、するもんじゃないと思うんですよね。
いや、途中途中かなりしたのですが結局は薄々感づいているような自分になっちゃうならそっちの気持ちを大事にした方が色々スムーズなのかもなとか思いました。

結果論ですし、途中経過ですが。あと、スムーズなのが良いってことでもなかったりしますしね。
話が逸れますが、うまくいかなかった部分を持っている人ってその面がちょっと深くなってて、接してて垣間見えるといいんですよね。なんだかお互いに。気持ちが近くなるというか。
直接そのことを言うわけじゃないんですけど、察した気配で労り合うような空気になるのって大人同士のいいすれ違い方だなって思うんです。

となると、まぁなんでもなるように。ということになっちゃうのですが。


ともあれ、よく生きてきましたね。
と思います。

こちらからは見えないですが、これを読んでいる方もそうなんだろうな。


これからも続いていく中間地点、真夜中のランデブー。
うふふ、ちょっとださい。素敵、愛しい。


もう遅い時間(1:34笑)ですね。


にっこりと、おやすみなさい。
また来週に。




web拍手 by FC2
comment 0
02.17
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。
先日15日をもちましてatmosphere peaceでは、ビーズアイテムの常設販売を終了させていただいたのですが本当にたくさんのお客様からご注文とメッセージをいただきました、あらためましてありがとうございます。
お届けまでお時間を頂戴しておりますが、今しばらく楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

絶賛ご用意中ですので、今現在の私の周りはビーズアイテムで溢れているのですが感慨深いものがありますね。
なんだか、引っ越す時に空になった部屋にいるような感覚があります。
馴染みがあるのに、見慣れない。さみしさと同時に次を向くような新しい心地がする。そんなです。


あらためまして今までatmosphere peaceを好いて、支えて、応援してくださったみなさま本当にありがとうございました。

扱う素材が変わるので、これまでどおり好きでいてくださいとは正直今の段階では言えないです。
でも続けて、腕を上げて、できることを増やして、久しぶりにatmosphere peaceを見にお越しいただいた時にもう一度お客様のハートを射抜けるように、なっていたいと思います。

そしてこれはささやかですが、これまで支えていただいた感謝を込めて、atmosphere peaceのビーズアイテムをお求めいただいたことのあるお客様が、プラチナやK18で大切なリングを作る際にはダイヤを1石(マリッジリングでしたら、おふたりで2石)無料でお付けしようと思います。
お求めの際にもし私が気づいていないようでしたら、ご購入いただいたビーズアイテムの名前か特徴をおっしゃってくださいね。

1mm程度の小さなダイヤではありますが、AAAクラスのものをご用意いたしますので。

あとダイヤ以前に、大事なお客様の大事な指輪を大事に作らせてくださいと思います。
これまでを振り返っても、ほんとみなさんいい方なんですよね。。これ、すっっごいセールストークみの強いフレーズなのであまり言いたくないんですけど、証拠を見せたいぐらい本当なんです。
すごくみなさんいい方たち。ダイヤとか全然惜しくない。むしろ着けさせてくださいって思うし、実際になったらすごく嬉しいだろうと思います。

お待ちしております。





さて一呼吸。
一呼吸置いて、仕舞って、次へ。

今一番したいのは、次の商品を作ること。





web拍手 by FC2
comment 0