12.01
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

しっかり冬になってきましたね。
でも秋を飛び越えてしまったせいか、つい「読書の秋だね」など口走りそうになったりしています。
今年も残すところあと1ヶ月ですか。



 先週の水曜日記で、とても大切なものを作らせていただいている。という話を少しして。
その中のおひとつが仕上がり、お届けできまして。


IMG_5304.jpg



以前、ペンダントトップのオーダーをいただいたオノケイさんから

“蜘蛛のハットピン、そしてオノケイさんの大好きな方のイメージで。”

というオーダーをいただいていたんです。

IMG_5293_2021120113135185b.jpg


IMG_5303.jpg


最初はハットピンということで、棒状の針の先に蜘蛛がいる。というのを考えていたのですが、まず蜘蛛本体から
ということで作ってゆくうちに、最初のルールを離れ、こういうことになっていました。

なんだか他人事のように言っていますが、閃いた時の記憶が薄いんです。
当たり前のようにこうなった。みたいな。
でも、こういう、全部バラバラで、チェーンも好きなように繋げるピンってあまり見ないので当たり前ではないか。と。

そんな少し不思議な、でもなんだか軽い感じで飄々と完成したような印象は、もしかするとイメージにした方のせいかもしれないな、など思ったり。

今回、いきものを多分初めて作って思ったのが表情との向き合い方や距離感についてでした。

こういう存在や、印象になって欲しいな。というのと、こちら(=私)は操作をしない。というのとのバランスが絶妙で。
ある程度は操作をしないと形にならないけれど、望みを決めすぎると仕上がりのクールさに欠くというか。

これもまた結果としての感想ですが、やっぱりただ向き合うだけだなと思いました。
蜘蛛を蜘蛛として追う。
そうすると、作っている私の心の中、あるいはご依頼主様に思いがあることを私は知っているから、それがいい意味で反映してしまって、表情になったり細部を選ぶ要因になっていって、結果その方だけのものができる。表情になる。
そういう仕組みなのかなと。

そうすると、全部が最初に繋がっていてやっぱりあの日のことを思い出してしまうんです。


どこまでも私はフィルターで、作りたいものや望んでいただいたものを作っていって、その最前列で完成を見ることができて嬉しい。みたいなところがあるなと思いました。

また、オノケイさんはじめそんなスタンスを許してくださる方に恵まれているということも。とても。


これから使用感と、使ってみてのご感想をあらためて伺うのですが、とてもとても楽しみです。
オノケイさんは、数秘術によるカウンセリングをなさっている方で、以前私も見ていただいたことがあるのですが
引くほど言い当てられてしまったうえ、占いやスピリチュアルといったものに触れる際に心配になる、ある種の重さ。みたいなものが全然ない方で。
今回も、テニスをしに行くような楽しみさがあります。軽やかで研ぎ澄まされた会話のラリーが頭に描けるような。


IMG_5300 2



こうしたオーダーメイドのご依頼もお受けしておりますので、気になる方はお声がけいただけますと幸いです。

連絡先



そして、、
まだまだ不慣れですがatmosphere peace公式ラインアカウントを開設してみました。


M.png


こちらがご連絡していただきやすいかもですね。
お友達登録どうぞよろしくお願いいたします。

友だち追加




そんな嬉しい今週の水曜日記でした。
ではまた来週の水曜日に。
温かくしてお過ごしください。



web拍手 by FC2
comment 0
11.24
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

先日、顕微鏡が好きすぎて宝物だという話をしたのですが、ちょっと続きが。

多分、私顕微鏡を使わなくてもいいところも顕微鏡を覗きながら作業していて。
きっとただのバカなんだと思うんですけど、そんなずっと顕微鏡を覗いているからこそわかったことがあるんです。

正確さが求められることとか、ディティールを超えて“気配の滑らかさや美しさの操作”みたいな面においては顕微鏡できれいなら肉眼でもきれいなんです。

ただ今の所唯一それが適応されない領域があって、それが“表情”だということがわかって。

今、オーダーでいきものを作っているのですが、表情だけは45倍ズームでどんなに正確だったり滑らかな線を引いていってもそうすることの意味って結構薄くて。
もちろん倍率を低くして全体を見えるようにしたら、肉眼と同じ判断ができるかというとこれもまた違って。

理屈じゃない。と心地よく突き放されるような感動がありました。

多分、素敵なものを作るにはこの両輪が必要で、改めていい世界だなと。


今、作っているものたちは本当にどれもがご依頼主様の宝物ばかりで、すごいことだしありがたいことだと思いながら仕事をしています。
全部形は違うけど、みなさんの人生というか、それぐらい大事なものを形にさせてもらっているなぁと。

以前プラチナの良さをインスタあたりで話したことがあるのですが、プラチナはもちろんK18の頼もしさやキャラクターにときめいています。

例えると、

“本当はすごいえらかったり能力のある人なのに、口調や人当たりがめちゃくちゃ軽い。そしてその印象を当然のように覆して「おぉ、、」というような頼もしい仕事をキメてくる”

です。
もう、なんのことやらですよね。プラチナとはまた違った感じのかっこよさに改めて惚れ惚れしました。

そんなことを感じていると、銀や真鍮の良さも滲み出てきたり。
彼らは、変わることがやっぱりいいです。金やプラチナの不動のポーカーフェイス的かっこよさではなくて、強く火を浴びた経験とか、酸化という時間経過とか、そういうものをなかったことにしない良さ。
あと銀の白さは、本当に白いなと思います。妖精的な白さがあるなと。

そんなことを考えながら仕事をしています。



来月はクリスマスかー。早い。
そしてうっかりしていたら、クリスマスラッピングのお知らせをしていないという。。

今ならまだ間に合いますので、お早めに。
そして今年も素敵にお包みいたしますので、ご希望のお客様はお気軽にお申し付けくださいませ☆



今年も終わるなー、、(気が早い)
ではまた来週の水曜の夜に。



web拍手 by FC2
comment 0
11.18
Thu
Utaktaring_6.jpg

ちいさな、このさみしさのうつくしさ。



Utaktaring_2.jpg


“泡沫(うたかた)”という言葉は、人魚姫のためにあるのではないだろうかと、この言葉に触れるたびにそんな思いが頭をよぎります。

あれは悲しいお話ですが、頭の中で反芻するたびに彼女のことを“愛しい愚か者”だと、まるで勇者を見つめるような気持ちになるのです。

貝パールをあぶくのように配置し、ぷっくりとしたアラベスクで飾った、
どこか慎ましいかわいらしさのあるリングになりました。


Utaktaring_5.jpg


自分だけしか知らない勲章も、あっていいのだと思います。




Material:K10
ShellPearl(about3mm・5mm)


SV925/Pt/K18でのご用意も可能でございます。お気軽にお問い合わせくださいませ。



お求めはこちらから
web拍手 by FC2
comment 0
11.17
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

今年の誕生日プレゼントにパイナップルを7玉もらったのですが、その1玉の葉を鉢に植えてみまして、
なかなか立派な観葉植物のように育ってきていて嬉しいです。

何年かしたらまたパイナップルが実るとか。楽しみ。
あと、誕生日と夏からのタイムラインの延長がここにあるという嬉しさも。


というわけでさほど変わりのない日々を送っているのですが、ここ最近これまでのことを振り返ったり考えたりするような機会がちょくちょくあって、なかなか味わい深いものだなと思っています。


、、やばい。あと4分で木曜日になってしまう。笑

そんなことをしみじみ思いつつ、昨日久しぶりに【Utakata : Ring】をアップし直したんです。
6年ほど前に作った、パールのリング。

かわいいんです。なかなか。

今夜の水曜日記は思いつきで二手に分かれよう。
このあとあらためて【Utakata : Ring】をアップします。

それではのちほど。
そしてまた来週の今夜に。





web拍手 by FC2
comment 0
11.10
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

寒く、、ない、、。笑
笑い事じゃないぐらい冬感がなくてもはや心配になってきましたね。

紅葉を見に行きたいです。
少し前に高尾山に友達の誕生日祝いで行ってきて。楽しかったんです。
リフトに乗りながら、この山が色づいたらすごくきれいだろうなと思って。
多分まだ緑でしょうけど。すごく寒くなったらまた行こうかな。


さておき、最近はご注文と平行してオーダーメイドのアイテムをお作りしていて。
朝ごはんが終わってから夕食までずっとワックスを削っています。
そして夕食後も相変わらず例のメタルのワックスを削ったりしています。

かといってたくさんのものができるわけではなくて、ひとつずつが深まっていく感じなのですが、その際に顕微鏡を使うんです。

使えば使うほど顕微鏡がなかったら作れなかったものや、追求できなかったであろう精度があって
それはもう楽しくて。かと言ってそれを毎日続けていたら身体が経験したことのないバキバキさになってたりしますが、気がつくと1日1回は覗いて作業しないと、歯を磨いていないみたいな気持ちになったり、顕微鏡に名前をつけたくなっていたりして、これはかなり好きだなと。そんな楽しくて嬉しい気持ちと同時にふと、

もし、5年前に顕微鏡を買っていたらどうなっていただろうという未来を想像したりしています。

今どんなものを作れるようになってるのかなとか。

でもそれはつまり、5年後の私ということで。
過去は戻らないので、歳も取っちゃってますしこれからも取るけれど、でも楽しみにしていようと思います。
今作れないものが作れるようになっていて、相変わらず楽しいというのを。

本当にうちに来てくれてよかったなーと、思うんです。顕微鏡。ふふ。
技術とか仕事のこととか今書いたこともそうですが、まず物に対してこういう好きで楽しくて宝物。みたいな気持ちになれて嬉しくて。


身体ギシギシでオズの魔法使いにブリキの役で出られそうなほどですが、しみじみありがたいなと。


今夜はそんな幸せな話でした。




あと1分で木曜日。
やばいやばい。笑


ではおやすみなさい。
いい夢を。






9月分の寄付は3,000円を令和3年長野県茅野市土石流災害義援金と中東人道危機救援金に半分ずつ
10月分は2,600円を令和3年8月大雨災害義援金とアフガニスタン人道危機救援金に半分ずつ
日本赤十字社に送金いたしました。

ありがとうございました。今月もどうぞよろしくお願いいたします。
web拍手 by FC2
comment 0