01.20
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

大寒ですね。
日中は日差しが暖かかったのですが、夜になるとだめですね。窓からの冷気がきつい。。
でも、あと2ヶ月もしたら春の気配もしてくるかもなので耐えよう。もこもこのパジャマで。


以前、オノケイさんのオーダーペンダントトップを作らせていただいた時に、すごくお待たせしたけれど最適なタイミングだったとおっしゃっていただいた。ということを書いたのですが、少し前の朝に不思議なことがあったのでちょっと書かせてください。

実は私、叔母さんにオーダーをいただいてから、1年お待たせしているんです。
いやわかります、ありえないんです。正直自分でもどうかと思っています。
でも、適当にこんな感じでいいでしょう。とか、無難にかわいく収まるものでお茶を濁したくなかったし、なんならそうすることさえ出来なかったんです。
とはいえ叔母さんは待っているだろうし寂しく思っているかもしれない。ならそれっぽい感じで一刻も早く現物を渡すことが最善なのではないか、などと思っても出来ない。湧かない。そんなことをしているうちに1年弱が経ち。

ある朝、目を覚まして布団の中でまどろみながらぼんやり考え事をしている中で、ふわ〜っとイメージが固まってストンと(あ、これ叔母さんのにしよう。)と思ったんです。すごくあっけなく、でもとても納得するようなデザインで。


作ろ。
と思って布団から出て朝ごはんを食べ、午前中の仕事に取り掛かっていたらその叔母さんから1年弱ぶりのメールが届いたんです。

思いついてから、3時間後。

事情と経緯、そしてそのデザインを伝えたらとても喜んでわくわくしてくれて。
まだ頭の中にラフがあるという段階ですが、これはちゃんと叔母さんの役に立てるのではないかと思います。

不思議ですよね。ひどいと言われたらごめんなさいとも思います。愚かだと言われたら、はいと思います。
でも私のオーダーはこの感じだなと思っています。
もちろん言われた瞬間にバチバチッとはまってすぐに完成というケースもあるのですが。

納得いかないものを渡さない。って多分デザイン以前にかなり大事なことだと思います。
ただの2択 “渡しますか・渡しませんか” なので弱ってると負けそうですけど、そこを踏ん張るのが大事。

なんだろうなー、物を作るを超えると言ったらかなりおこがましいですが、感覚としては、その人にふさわしい友達を0から生み出すみたいなことになっているように思います。
でもそう思っていて、受け取っていただくお客様にとってもそう感じられるのだとしたら、尚更納得いってないと渡せないですよね。

不思議な感覚。他の作家さんもこんな気持ちなのかな。
簡単ではないし、すごくお待たせてしてしまったりもですが、向き合っていきたいと思います。


そして新作も作りつつ。
ここのところ9周年に付きっきりだったので、ちょっと一呼吸して新作を作るのが楽しみです。
(その前に出していない2点を出して、、こっちは文章がまだなのです。まぁこれもまたタイミングでしょう)

あと先週も言っていますがネックレスを作りたいと思っています。
今の思いつきだと(作る時には忘れてるかもですが)ヌーディーな感じのがいいかな、など。


良かった。楽しい。そして好きだ。

少し前まで結構見失っていて。
ちょっと、帰ってこれてよかったです。

ありますよね、そういうこと。



なんだか最後は抽象的な感じでおやすみなさいですね。
また来週の水曜日に。



最近、Instagramのストーリーに小さい日記をアップしています。作家の日常あるいは朝礼のような。
web拍手 by FC2
comment 0
01.13
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

先日9日の9周年アニバーサリーアイテムの販売にお越しくださいましたみなさま、誠にありがとうございました。
またたくさんの方から温かなお言葉をいただき誠にありがとうございました。

あらためまして10年目もみなさまに楽しんで、時には寄り添わせていただけるようなatmosphere peaceであるよう、楽しく進んで参りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


さてなんだか久しぶりな、ここ最近の近況でも。。

例に漏れずといいますか、合間を見ては鬼滅の刃を読んでいます。
友達に勧められてアニメを観て軽くハマり、それを他の友達に勧めたらそこの家ごと大ブームになり、飛び火してその友達の姉もどハマリし、その姉から猛烈に勧められて漫画を読む。という逆輸入のようなことに。
やっぱりこれだけ流行るのわかります。
語りたくなる漫画だし、勧めたくなる漫画ですね。もう触った人片っ端から取り込んでいくようなところがあるような。

あと、私に関していえば子供の頃に思ったり、困っていたことなどを引きずり出されるようなことが多々あって、なるほどと思っています。

、、実は以下に内容を伏せながら感想を書くということをしたのですが、読んでいる人にはもどかしく読んでいない人にはさっぱり伝わらないであろう仕上がり、そして何を言いたいのかもはっきりしない感じになったので割愛しました。。
漫画、読んでください。笑


鬼滅を読みつつ、製作・発送準備も並行して行っています。
明日明後日でかなり発送できそうですので、楽しみにお待ちいただけたらと思います。

最近リングのご注文やご質問もたくさんいただいていて、とても嬉しいです。
着けていただきたいな。うちのリングすごく滑らかなんです、こだわりというか。
リングの縁を人差し指で触った時に、ほっとするような曲線で作るようにしています。
なんとも抽象的な表現ですし、着けてしまえば一般的なエッジのあるものだって痛くはならないのですが、それでも
やっぱり着ける方に優しくしようと思って作られたものがいいなと思うし、そういうものを自分が着けたいので。

プレーンなリングを材質違いでリピートされる方も最近増えていて、感動しています。

不思議ですよね、ネットのお買い物で出会ったのにこういうこともちゃんと伝わる。
ありがたいし、それを裏切らないatmosphere peaceであり続けたいです。


To doはあるのですが、まだ出していない新作が2つと途中のものなどありますので少し落ち着いたら出していきたいです。
ピアス。かわいいんですよね。

あと、ネックレスがあまりないのでいくつか作りたいな。



そんなこの頃です。
ではではまた来週の水曜日に。


おやすみなさーい☆


web拍手 by FC2
comment 0
01.08
Fri
2021-01-04_54cn.jpg

リズミカルなグリーンの蔦、踊るような花たち。
にぎやかな音楽が聞こえてきそうな、刺繍のブレスレットができました。

どこからか、手拍子。
そんな雰囲気の金色のスパングル。

祝祭の雰囲気。

こういう華やかさは、やはり黒のドレスかと。
少し映画のような雰囲気が出そうな気がします。




2021-01-04_55cn.jpg

輸入のすごくかわいいリボン(しかも僅かな長さ)を大事にしていて。
内側のサテンリボンと共にぐるりと一周を1mmほどの密度でスカラップステッチでまつった、オートクチュール感あるブレスレットです。


Felicidadesは、スペイン語で “おめでとう”の意






¥3,599-(1点物)
リボン部分:約13.5cm


お手元に合わせてチェーン部分を調整しお作りいたします。ご注文の際に手首の一番細い部分ぴっちりの寸法をお知らせく
ださいませ。


☆ご購入は2021/01/09/21:00よりこちらからです☆

web拍手 by FC2
comment 0
01.08
Fri
2021-01-04_59cn_202101071210465c7.jpg

【赤い実】というとても愛されたアイテムがあったんです。
そのメインとなる赤のビーズが廃盤になってしまったのに伴い、ご用意することができなくなったのですが、こちらは同じ巻玉(≒手作りビーズ)作家さんの黒のビーズが手に入ったのでさながらカシスのような。

艷やかな漆黒。ゆらぎのある温かなフォルムが相変わらず心地よいです。
赤い実と同じにすべてを黒でとも思ったのですが、ところどころに透明で深い紫と、不透明で淡い紫を散らしてみました。
ごくほんの少しの控えめな差し色なので、あまり気づかれない。というのもチャームポイントかと思います。

この美味しそうな黒い実は、赤とはまた違う落ち着いた色っぽさをお楽しみいただけそうです。




2021-01-04_61cn.jpg



2021-01-04_18c.jpg





・ネックレス ¥2,199-
長さ:約39.5cm アジャスター:1.8cm

・ブレスレット ¥2,699-
お手元に合わせてお作りしますので、手首の一番細い部分ぴっちりの寸法をお知らせくださいませ。

・イヤリング(ピアス)¥2,099-



※こちらの商品は、ビーズの在庫分がなくなり次第の終了となります。



☆ご購入は2021/01/09/21:00よりこちらからです☆


web拍手 by FC2
comment 0
01.08
Fri
2021-01-04_31cn_20210105214334a0d.jpg

かわいいお菓子のようなアクセサリーが作りたくなって、質感がそれぞれ違う材料、少しずれた色味を並べていきました。

外国のお菓子に感じるようなときめきと違和感。

屈託のないキラキラの笑顔で差し出されたそれを、困ったような笑顔でもぐもぐしているあの時間は文化を思いやりで包んでいるその瞬間なのではないかと思うんです。

ミラクルのようなストライクだけじゃない、少しへんてこで鈍く愛しい光。



2021-01-04_15c.jpg

裏がメタリックなシルバーになった、ニュアンスのある大きなスパングルを背景に、アシンメトリーなウッドビーズ。マットな黄色とツヤのあるグレイのビーズでできたループフリンジ。結構違って、結構調和。そんな印象があります。

主役としてお楽しみいただくのはもちろん、それぞれのニュアンスや色から拾ってシャープからナチュラルまで色々なテイストと組み合わせられそうでもあります。
色を戦わせるように少しごちゃついた感じでお楽しみいただくのも楽しそうです。



Tutti:イタリア語、あるいは音楽用語で“全部”の意



¥3,299-
全長:約6cm


☆ご購入は2021/01/09/21:00よりこちらからです☆

web拍手 by FC2
comment 0