03.14
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

製作をしながら、ふと。
(私って、なんでアクセサリーを作ってるんだろう)
という、すっっごい原初的な問いかけが頭に浮かびました。

もちろん、楽しいし好きだから、あとはやっぱり好きと言って頂けてご注文を頂いているから。それに応えるのが嬉しいから。

なのですが、これは実際そうでもあるし、正しいし大抵はこの辺で答えにするのですが今日はもう少し掘れるような気がして。

まず、根底から揺るがす感じですが楽しくないこともあるんです。
工程がうまくいかない。思い通りにできない。デザインに納得がいかない。
要領が悪すぎて同じことを繰り返す、失敗する。初めからやり直し。

こんなに自分にがっかりしながら、なんで続けているんだろうと。

(もー、うーーーーー)と、自分に苛立ちながら先端工具を取って、着けて、磨いて、変えて、磨いて、変えて、磨いて、変えて、みたいなことを夜中にやっている自分を客観的に見て思ったのは、ちょっと携帯ゲームみたいだなと。
目の前の傷をきれいにするというミッションをやっている時の感じは、あの距離感と集中力に似ているような気がします。


あと、基本的に人生はなるようにしかならないし、なるようにはなる。と思っているのでatmosphere peaceの存続も私が作る必要があれば続くだろうし、そうでなければ容赦なく終わってしまうんだろうな、と始めた頃から今までそう思い続けているのですが、最近実際にそうなったらと考えたらすごい嫌になっていました。

1日も長くアクセサリーを作っていたいし、6年前から休み無くアクセサリーのことしか考えないような日々を送っていますが、それがあと50年続いてもいいぐらいには好きみたいで。
なんだか軽い気持ちで付き合ったらどっぷりはまったような状態に、気づいたらなっていたようです。

なんで、アクセサリーを作っているか。
多分今はきっとこういう強弱や軽さ重さの混ざった感じが答えなんだと思います。

狂おしくはないけど、多少クレイジーな感じのような。

そのうち息をしているのと同じぐらいになれたらすごいですよね。
幾重ものふるいをくぐり抜ける必要がありそうですが。


そういえば初めて頂いたご注文。
アンティークゴールドのチェーンと土台と石を組み立てて作るリングだったのですが、作りながら手が震えたし、梱包が終わるまでずっと喉がカラッカラでした。

最近リングを作っていて緊張で喉がカラッカラになって、その時のことを思い出しました。
相変わらずでちょっとださい感じですが、きっとこれは悪いことじゃないと思います。
カラッカラにならない方法は、あほほど繰り返すことと思い出せたし。



さて、今週の新作は。。

・ちょっぴりファンタジーなフリーリング。

というか、ナチュラル?

楽しみにして頂けると嬉しいです^^



web拍手 by FC2
comment 0
03.11
Sun
今日は3月11日。

毎年こうしてこの日にブログを書いているのは、やっぱり私の中でこの日がもうひとつの創業日のような気がしているからだと思います。

当事者ではないという距離からの妙なもやもやと、それは関係ないというようなきっぱりした気持ちとを一緒に持って歩いてきたし、これからもそうだと思います。

あの、揺れの瞬間に見えた景色からも、役割からもまったく違うここまで歩いてこれたのはすごく重たいパンチをあの日、私でさえくらったからです。
なくなったものは返ってこないし、悲しみもなくならない、そんな中におもしろみや嬉しさがどんどん混ざり込んでくる幸せもやるせなさも止められない。
でも、全部飲みこんで前に進むんだと思います。前になんて進まないぞ!と決めることでさえ。

最近なんだか繰り返し言っているけれど、いいも悪いもないと思ってきました。
自分で決めたらいいと。


実は今朝、朝食のパンの最後のひとくちを食べた直後から猛烈な吐き気とみぞおちの痛みが始まり、ひたすら眠っていました。
というか寝ようにも具合が悪くて眠れず、気を失ってたんだか寝たんだかみたいな。
虫の息で自分の状態を把握しようと“突然 吐き気 原因”で検索をかけると出てきた情報の中に、脳とか肺からのこともあるから痛みが強まるようなら至急病院へとも。

幸い、強まらなかったのでこうしてブログを書けているのですが、ぐったりしながらちょっと死を意識しました。
ただの吐き気かと思って寝てる間に、このままぷつっと人生が終わってしまったらどうしようと。

なんか最近身辺整理というか、なんとなくの流れでずっとしておきたかったことなどを結構まとめて片付けたりもしていたので、なるほどそういうことだったか。。とか、
守るものがないってこんなに悔やめないものなんだなとか、
お客さんへの対応は緊急マニュアルを人に託してあるから結構早い段階で対応できるな、とか。

でもそのひとつ先のところで、すっごい仕事がしたいと思いました。

スラムダンク、読んだことのある方はご存知でしょうがミッチーの「バスケがしたいです。。」のような感じ。
好きでしかたないんです。


これはもうある意味ひとつの余生のような気がしているので、健康に、思い切り、これからも生きようと思います。

かなり昔の今日自分で書いたことですが、いろんなことをやりたくてもやれなかった人の命が奪い去られてしまったというのは事実で、そこに私がいたかもしれないと今もやっぱり思うので。



さっき、いいも悪いもないと言ったけれど、できれば幸せな方をと願います。
傷ついたすべての人が、その人にとって、わずかでもより幸せな方を。




検索は応援になる



web拍手 by FC2
comment 0
03.07
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

先日、少し時間があったので録り溜めている映画の中から「ルーム」を観たのですが良かったです。

にも関わらず、ちょっと淡々としているのと、「良かった」で済ませられずになんだか引っ張っているのはそれが実話に基づいていることや、めでたいばかりの話ではないせいだと思います。
ただ、やはり色々考えたとしても素晴らしく秀逸でした。

観た後に、自分の中の価値基準のようなものが多分前向きに揺らいだような感覚がありました。

幸せや不幸についてって、やっぱり本人にしか決められないなと思います。

にも関わらずそのジャッジを外からの評価に委ねたくなるようなコンディションになることもありますが、それでもやっぱり最後のジャッジは自分だし、そう決めるまでもなく決まっちゃっているものなのだとも思います。

それは同時に自分以外の人も同じで、本人がいいのならいいのだと。近ければ近いほどなぜか同じ価値観にしたいような心理が働くけれど、もう少し遠くから楽に見るよろしと思います。
どうにもならないし、なったとして件の最後のジャッジ的なところでは通用しないでしょうし。

ほんと、自分で選ぶものだと。

ちょっと話が逸れましたがそんなことを考えるに到るような。
定期的に観たくなる映画があって、「あん」「Holiday」「ショコラ」
そうそう観ないけれど「ルーム」と近いような感じで心に残っているのは「岸辺の旅」

うちに300枚くらいDVDがあるのですが、その中でってよく考えるとすごいですよね。
どれも良いけれど、やっぱり「あん」は好きです。疲れていても、そうでなくても仕事と時間への愛を優しく補給できるような気がします。






さて今週はお休み週。
今週は結構いろんな人に会う予定が。
めずらしい笑

いってきます^^



☆2月の寄付は78件のご注文を頂きましたので3900円でした。
今回は全額を日本赤十字社の東日本大震災救済義援金として送金させて頂きました。
もう7年になるんですね。早い。でも長いですね。うん。


皆様ありがとうございました、3月もどうぞよろしくお願い致します!



web拍手 by FC2
comment 0
02.28
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

ちょっと前に最近話題の、カラテカの矢部太郎が描いた「大家さんと僕」を読んだのですが、めちゃくちゃ良かったです。
先に読んでいた母と、細部について話して盛り上がるぐらいに。
そりゃ、売れるわ。良いもの。
と、思いました。

その話をしながら、ふと、まつみのおばさんのことを思い出しました。
私にも他人なんだけどすごく好きなおばさん(といっても私が6歳ぐらいの頃には既におばあさんだった)がいまして。
一緒に夕方お散歩をしたり、おばさんの家に遊びに行って(何を話したのかはほとんど覚えていないのですが、)延々と朝から夕方まで話し続けたり、していました。

品のある方で、物静かだけどよく笑って、いつも着物を着て、髪をきれいに結わえていて。
優しいけれど、何でもありという感じではない、ほんの少し緊張感もある感じで。

多分、私もそういうとこに気づいてしまうタイプの子供だったから、なんかお互いに良かったのかもしれないです。今思うと。

小学校に上がり、おばさんが引っ越しても月に1回ぐらい日曜日に遊びに行ったりしていたのですが、更にそこから遠くへ今度は私が引っ越したりして、なかなか会えなくなってしまいました。

手紙を書けばよかったのにと思うのですが、その当時そういうことは全然頭に浮かばず。
血の繋がりも、親族の方との面識もないので結局そのままのお別れになってしまいました。

今の私と会ったら、おばさんなんて言うだろうな。
きれいなものが好きだったから、褒めてくれそう。
それこそローズクォーツ系のやさしいやわらかいタイプのアクセサリーをあげたりしたい。

大人になって年を重ねると、もう会えない人も増えてきて少しずついる人といない人の境界が混ざるような、緩まるような気がしてきます。
いない人もいるよね。みたいな感じで。
そうやって怖いものとか、わりとなくなっていくんじゃないかなとも。


あと、匂いの記憶ってすごいですね。
こうして思い出しながら頭(鼻?)の奥には完全に再現されたおばさんの家の匂いが。






さて、今週は新作週。

・ちょっぴり生真面目な色合いのイヤリング(ピアス)とブレスレット

の2点でございます。

生真面目というか、少し派手さもあるのかな。。比較的通年使えそうで、ちょっと気が早いのですが夏への階段っぽい感じもありそうで、秋にも良さそうです。
なんだかなぞなぞみたいな説明になりましたが、楽しみにして頂けると嬉しいです^^




web拍手 by FC2
comment 0
02.21
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。

世界中がそうだったかもしれませんが、羽生結弦選手の演技に震えた今週でございました。
こう、このためにひっそりと凄まじく重ねていたもののことを思うと。
あぁ、素晴らしい。頑張ろう。

ちょっと前にInstagramでも書いたのですが、現在atmosphere peaceはリングやピアスといった彫金のアイテムとネックレスやブレスレット、イヤリング(ピアス)のビーズ式(と勝手に、暫定的に名付ける)を並行して作っているのですが、ビーズ式の方は作りたいものをある程度思った通りに作ることができるし、これやったらだめだなとかそういう加減も見えている感じがあるのですが、彫金はまだそうはいかなくて。
そのそうはいかない部分というのは、つまり欲しいところに適切に色を配置することができるかできないかで。

頭の中の理想とするデザインでは石を留める爪が邪魔。みたいなことがすごいあって、そういう部分をビーズ式を作る時ぐらいの気持ちよさや納得感で解決したいんですよね。

はぁぁ。。と思うと同時に前はできなかったことができるようになっている自分もいて、結局技術力を上げるということは、より自由になれるということで、自由になるためには技術力をあげるのが一番手っ取り早いんだなぁと。

頑張るよろし、ですね。

ひとつひとつ、真面目に。

話は変わり、今年に入ってから、いや最近でしょうか、台湾のお客様に加え香港のお客様からのご注文も増えていて、ちょっと気になりだしています。香港。
昔、もう十年以上前に幼馴染が香港旅行に行って、帰国するや “菅原は絶対に香港が好きだと思う” と断言されたのもありずっと気になってはいたんですけどね。

(ちなみにこの幼馴染は、かつて私のオリジナリティに対する意識にすごく影響のある一言を言った彼女です。)

↑このリンクの記事、久しぶりに読んだらすごい刺さってしまった。相変わらず変わっていないし、変えてもいないけど、改めてこの約束を守ろうと思います。良かった、今また読むことができて。



さて、今週はお休み週。
あっ、確定申告は無事に終わりました☆やればできるじゃーん♪

今週はひたすらご注文をお作りしようと思います^^



それにしても今日のこのタイトル。
説教臭そう、面白くなさそう笑
でもこれしか思いつかなかった笑



web拍手 by FC2
comment 0