09.12
Wed
こんばんは、水曜日記でございます。


みなさんもご存知の通り、9月6日に北海道で大きな地震が起きて、少しずつ物理的な復旧は進んでいるようですが大変なことになっています。

土砂崩れの起きた厚真は、今山のことばかりだけれど北海道屈指のサーフスポットで、夏には毎週のようにボディボードしに行っていたし、テレビに映っているのは見慣れた札幌の街で、液状化と言われている割れた道路のすぐそこには数え切れないぐらいatmosphere peaceの商品を発送した郵便窓口と、資材屋さんとかっこいい蕎麦屋があって、
今、そこからそう遠くないところで私の家族も友達もみんな被災しています。


電気が止まって電波も不安定という状態で、かいくぐるようにして連絡の取れたみんなは、みんながみんな「当たり前にあるものの有り難みがわかった」と言い、「とりあえずは無事!」と元気に言い、「エレベーターの動かないビルの中の階段を子供と一緒に往復ダッシュした」とまるで普通の愚痴のような調子で言うから、勝手に少し安心していたのですが、
たまたま目にしたインスタではガソリンスタンドやスーパーに並んだ挙げ句、買えなかった。というポストが上がっていたり、街は静まり返っていて楽しいことや明るいことの気配が全然ないということが聞こえてきたり。

わからないんです、ここにいると。見えないから。

同時に、東日本の震災の時に日本中が沈み込んで自粛ムードに包まれたのを覚えているしただ沈んでいるだけじゃ1円にもならないし、暗い顔をしたところで誰も救われないことを知っているから届きすぎないのはきっと正しい。けど、けどと思って、

なんで私ここにいるんだろうと思っています。

5ヶ月前に起こっていたら、できないことばかりを私は今すべての瞬間でしていて
全部が貴重だと。享受している時間も、物も、心身のコンディションも。

結果論だけど逃げてしまったような気持ちがあるし、一緒に辛さを味わえなかった残念さのようなものも不謹慎かもしれないけど、あって。

何ができるだろうと、ずっと考えていて。

で、思いついたのですが、うちの商品で一番人気ってどれか知ってます?

当てられます?(当てられる方、いそう!嬉しい!笑)

これです。

Creemaさんで、通算5万7千ビュー以上して頂いていて、2700名以上の方にお気に入りして頂いていて、販売個数は少なく見積もって通算数百個は堅いです。




Tear.jpg


【Tear(ネックレス)】

大人は泣かないものだけど、人間は泣くようにできているから
それはやっぱり無理をしているということになるのではないかと

とはいえ、

悲しみは喜びと同じように普通の日々に紛れていて、時々引いてしまう
くじのように、悲しみを。

おおっぴらになんてできないからせめて胸に飾って、変わりに泣くためのネックレス。

「あ、それきれいですね」とか言われてちょっと嬉しく思ったりしているうちに、その悲しみがなくなればいい。


シンプルなネックレスができました。
2粒の涙みたいなチェコガラスがバランスを取りながら、胸元でゆらゆら。
きれいだから、ちょっと癒されるかも。

それよりも。
アジャスタートップに集まった色とりどりの天然石。
インカローズにタイガーアイ、アベンチュリン。
恋とお金、人とのかかわりに働きかける石たち。

何が悲しいのかはわからないけど、1秒でも早くその嵐が通り過ぎてしまうことを願います。そのためならと総動員。

図らずもポップな後ろ姿。
いいと思います、楽しげな未来みたいで。


内径:約53cm
アジャスター:約2.5cm
¥2,070-



この【Tear(ネックレス)】の売上利益の半分を今後、作り続けられている限り毎月の寄付に上乗せしていこうと思います。今回の北海道に限らず、その時その時で困っているなと感じるところへ寄付するという形で継続していきます。

もちろん品質は変わりませんし、ギフトラッピングも喜んで致しますので贈り物にもぜひ。


それにしても、読み返して思いますがこの商品は“こうなるべくして、”という感じがしますね。
作った当初はベストセラーの予感もさしてなく、文章も思いつくままその印象を書いただけという感じだったのですが。
これまで以上にたくさんの方に寄り添えるようなアイテムになれたらいいなと思います。

また、これまで同様責任を持って寄付致しますのでどうぞよろしくお願い致します。



この場を借りて今回の平成30年北海道胆振東部地震への支援もお願いさせて頂きます。

日本赤十字社
Yahoo!基金


どうぞよろしくお願い致します。




web拍手 by FC2
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する