05.11
Fri
2018-05-07_1cn.jpg

“No se si mis pinturas son o no surrealistas pero de lo que sí estoy segura es que son la expresión más franca de mi ser.”
私の絵は超現実的かどうか分かりませんが、確かに私の存在の最も率直な表現です。
−Frida Kahlo(フリーダ・カーロ)


ビビッドピンクの嘘のような薔薇。
つみきのような木のパーツ。
有刺鉄線の気高さ。

たまたま机の上に居合わせたパーツたちから、彼女のことが思い浮かんで、(ならば。)と作ったのがこのブレスレットとイヤリング(ピアス)です。

苦しいほどに思い通りにいかなくて、思い通りにいったらいったでそれはふさわしい美しさには欠いていてという試行錯誤でした。

正しさを追ってはいけない、
美しくなくてはならない。

きしむような美しさ、というものの存在とその難しさを知ったような気がします。


2018-05-07_3cn.jpg

メインのパーツの薔薇以外は固定されていないので自由に可動します。
アジャスタートップには色をずらしたアンティークゴールドのプレートパーツや、ビリジアングリーンのカットガラス。



2018-05-11_2c.jpg

アジャスター:約1cm



2018-05-11_7c.jpg

パーツ含む全長:約6.5cm(イヤリング/ピアス共に)




ここでよく私は、「〇〇なテイストの」といった表現をしますがちょっと上手に言えない感じ。

ポップだけれど、軽くなく、いや軽さもあるけれど、芯があるような感じで、少しヒリヒリ。

力のある石などは付いていないのですが、自分の中のそのままの芯や気高さのような面をあらためて大事にさせてくれそうな頼もしさがあるように思います。

真っ白なシャツ、花柄のワンピース、デニム、サテン、ウール。

ご自分が好きな装いとご一緒に。






詳細(追加写真含む)・ご購入はこちらから、(当日21:00頃アップの予定です)
Creema
minne
Pinkoi(Tuesday)
atmosphere peace:shop


web拍手 by FC2
comment 0
04.27
Fri
2018-03-27_13cn.jpg


色とりどりの石を知っているし、それらもちゃんと好きだけど、
つきつめると、こんななんでもない石が好きなのかもしれないと思います。

河原で気持ちのよい石を探すような。



2018-03-27_16cn.jpg

メインの黒の石は、“なんでもないような”見た目のトルマリン。
表面がマットに加工されているのが心憎いです。


周りにペリドットやアメジスト、白い小花のエナメル細工を飾ったら、かわいい景色を小さく切り取ったようなアクセサリーになりました。



2018-03-27_7c.jpg


大人な、というか
シャープとフェミニンが、絶妙なバランスで成立するようなアイテムに。

ナチュラルな普段着とも、キリッとした装いとも合いそうです。

2018-03-27_3c.jpg



2018-03-27_14cn.jpg



・トルマリン:黒、無色、ピンク、緑、青等多彩な色彩を持つ。
プラスとマイナスを帯電し、摩擦によってマイナスイオンを発生させることから心身浄化や治療、有害な電磁波を防ぐ、などといった働きかけのある石としての知名度も高い石です。
そういった要素もあいまってか、古代より神事にも用いられてきたようです。

・ペリドット:黄緑、茶や黒の内包物を含むことも。
8月の誕生石。隕石と近い成分を持つことにより古くから“太陽の石”と呼ばれています。
またその名にふさわしく持つ人の心を明るく照らし、マイナス感情やネガティブな思考などから身を守り、ポジティブさを輝かせることから結果“夢を実現させる石”ともいわれています。


・アメジスト:紫、深いすみれ色~淡いラベンダー色まで。
2月の誕生石。「愛の守護石」と呼ばれ、素敵な恋人を引き寄せる石とされながら同時に持ち主を癒やすようなヒーリングの力を強く持つ石といわれています。また、どちらかと言うと情熱的な愛というよりは冷静に愛を見極め、育むような地に足の着いたタイプの愛の石のようです。歴史や伝説の多い石で、その昔は不眠、酒酔い、皮膚病などに効果があるともされてきたようです。






詳細(追加写真含む)・ご購入はこちらから、(当日21:00頃アップの予定です)
Creema
minne
Pinkoi(Tuesday)
atmosphere peace:shop

web拍手 by FC2
comment 0
03.30
Fri
2018-02-27_20cn.jpg


動物を見ていると、(なんでこんなにも違うのに、なんでこんなにも同じなのだろうか)と
不思議さと安心感の混ざったような気持ちになります。

すごく速く走ったり、もふもふの毛で覆われていたり、カラフルだったり、空を飛んでしまったり。
とても小さかったり、大きかったり。
なのに、
総じて痛くされるのは嫌で、心地よいことが好き。
基本的に仲間を大切にし、それが失われると程度の差こそあれ少し、悼む。
ごはんを食べて、眠る、遊ぶ。


形も柄も違うお弁当箱の中身が全部同じだった、という種明かしのようで、
そのシンプルな構造に、種を超えて私達はわかり合うことができるのではという可能性を感じます。



2018-02-27_15cn.jpg


2018-02-27_24c.jpg

2018-02-27_16c.jpg



色んな形のぜんぶ水晶。
しかもどれも結構個性的。
ドロップのように集めてネックレスとブレスレットを作りました。


肌の上にそれぞれの水晶が転がる様子にかわいらしさや面白さ、ほんの少しの色っぽさを感じるようなアイテムになりました。

もちろんきちんとしたお洋服にも合うのですが、なんだか、ちょっとぼさぼさな髪やゆるめのスタイルともとても合うような気がします。



2018-02-27_12c.jpg

イヤリング(ピアス)は少し鋭いカットの入った水晶と、ランダムなさざれ水晶の積み重ねをアシンメトリーに。
鋭さ、ゆるさの加減におおらかさが漂うような。


シリーズのネックレスやブレスレットと合わせると、より大人感が。




詳細(追加写真含む)・ご購入はこちらから、(当日21:00頃アップの予定です)
Creema
minne
Pinkoi(Tuesday)
atmosphere peace:shop←本日はこちらも21:00頃アップ予定です。



web拍手 by FC2
comment 0
03.02
Fri
2018-02-27_4cn.jpg



あの時も、

あの時も、


いろんなことを考えていた。


不真面目だったことなんて本当は一度もなくて、
仮にそう見えていたのだとしたらそれさえ真面目な試みのひとつだった。


目を閉じてえいっと乗ってみた電車が、駅を飛ばしたりひとつひとつ停まったりするような感じで、着いたここが来たかったところなのかはちょっとわからない。


もしかするとこういうところが不真面目なのかもしれない。




2018-02-27_6c.jpg


ニュアンスのついたタイガーアイのドーナッツ型ビーズをメインに、少し木としてはピンクがかった風合いを持つローズウッド、バロックパール、それにビリジアングリーンのカットビーズを添えました。

少し離れたところに、見過ごしてしまいそうなアクセントとして半透明グレイのビーズをぽつり。



2018-02-27_3c.jpg
アジャスター長さ:約1cm


アジャスタートップにもタイガーアイとカットガラスを。


きちんとした印象の“つみき”のようなメインと、手首内側のアジャスタートップでこっそりと揺れるビーズの色っぽさが同時にある、といった雰囲気のアイテムに。


2018-02-27_8c.jpg


イヤリングは初の試み、マグネットタイプを使用しております。
パーツはキャッチから取り外せますので、ローズウッドのコインビーズだけでシンプルにお楽しみ頂くこともできます。
ピアスタイプは外せないのですが、お手持ちのキャッチと組み合わせてお使い頂くと。

ただ、使い慣れない方ご不安な方は少し仕様が変わりますが通常のネジバネ式へ無料でご変更頂くこともできます。(チャームの着脱はできなくなります。)



全長:イヤリング約3cm、ピアス約2.5cm




このアイテムを作っていて、制服の布地のことを思い出しました。
頑丈で、ちょっと厚めのちょっと重たい。

あの頃の弱いような生真面目さは、まるで無かったように消え去るのではなく、
見えないぐらいに薄まるタイプのものだったって教えたい。


大人もそんなに変わらない。






・タイガーアイ:黄土色~焦げ茶のマーブル。
別名虎目石。金運や仕事運に強いパワーを持つ石といわれています。虎の目のように物事の真髄を見通し、厄災から守るという働きから、それが金運、仕事運に繋がると考えられています。






詳細(追加写真含む)・ご購入はこちらから、(当日21:00頃アップの予定です)
Creema
minne
Pinkoi(Tuesday)
atmosphere peace:shop



web拍手 by FC2
comment 0
02.16
Fri
2018-01-13_16cn.jpg


可憐さの中には、ごくわずかな孤独が含まれているのではないかと
このイヤリングを作っていて思いました。

明るさの中に影が、影の中に明るさが

いろんなことが、そうとも言いきれないことばかりで
だからこそ愛しいし、だからこそ難しいのかもしれません。

曖昧で、どこか和を思わせる薄青をしたフラワーパーツと、マットな質感のガラスパール。
いびつで滑らかなローズクォーツに、アメジストと白蝶貝の粒を散らした非常にフェミニンなアイテムができました。

華奢な銀色のチェーンは、長めに。
ほんの少しの非日常的な長さが全体の繊細さを際立たせていて、着けると嬉しく静かな気持ちになるような気がします。


春を迎えるのにふさわしいような、やさしい華やかさがあるように思います。



パーツ全長:約6.7cm(イヤリング/ピアス共に)



2018-01-13_11cn.jpg


ひとつひとつの素材の距離感が、やわらかくも切ないような印象を与える
少し体感的なブレスレットができました。

つるりとしたローズクォーツ、うすく縞の入った水色のガラスドロップ、小さなガラスパールに、アメジストと淡い紫のガラスビーズの粒。

銀色のチェーンの上のそこここに散って、それぞれ呼吸をしているような。

その淡々とした佇まいが、パステルカラーの甘さをちょうどよく引き締めているようにも思います。

また、あまり色々と邪魔しないタイプのアイテムかもしれません。

2018-01-13_13c.jpg

アジャスター:約1cm



同シリーズのイヤリング(ピアス)と合わせると、フェミニンさをよりライトな方向に持っていってくれるようで
甘いのに現実的。といった様子が心憎いです。

しっかりリンクという感じでもないので、それぞれ単独でお使い頂くのももちろん。




・ローズクォーツ:ごく淡いピンク
愛と優しさの象徴とされ、自身を癒やすことにより内面の美を引き出す石といわれています。
その働きが結果的に恋愛成就へと導くと考えられ、また逆に失恋などで負った心の傷の治癒を促し、前向きになれるよう働きかける石とされています。


・アメジスト:紫、深いすみれ色~淡いラベンダー色まで。
2月の誕生石。「愛の守護石」と呼ばれ、素敵な恋人を引き寄せる石とされながら同時に持ち主を癒やすようなヒーリングの力を強く持つ石といわれています。また、どちらかと言うと情熱的な愛というよりは冷静に愛を見極め、育むような地に足の着いたタイプの愛の石のようです。歴史や伝説の多い石で、その昔は不眠、酒酔い、皮膚病などに効果があるともされてきたようです。



詳細(追加写真含む)・ご購入はこちらから、(当日21:00頃アップの予定です)
Creema
minne
Pinkoi(Tuesday)
atmosphere peace:shop


web拍手 by FC2
comment 0